2011年4月 3日 (日)

老子道徳経の読み方

Photo

――人生を最高に生きる81章――

毎日をこの先どうなるか不安な日々を過ごしている人たちにとって、ぜひ読んでほしい一冊です!

何よりも、大きな目で、目先の事ではなく、広く広く、日本やそれよりもっともっと大きな、天地自然や宇宙の法則にそって生きることの楽しさを教えてくれている本だと思います。

初めて出版されたのは、もう何十年も前だそうですが、そんなふうには思えないほど、今を生きている人にぴったりとあてはまる、きっと人間の本質は、何千年も前も今もそう変わっていないのだと、感じさせる本です。

そして人は健康で、心も体も元気であることが一番大切なのだと、それさえあれば、後は何があっても前に進めるのではと強く強く思いました。

幸せの基準が、シンプルであることに気付ける本です。

これからも、ブログで何度も紹介しようと思います。

本屋さんでは、たくさん老子に関する本がありますが、この『老子道徳経の読み方』はとても分かりやすく、内容がストンと心に入って、心に響く本です。

日本道観出版『老子道徳経の読み方』ぜひ読んでみてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

ゆず+みかん茶

20110117_2

ゆず茶を作ろうと思って、ゆずを細く刻んでいたら、だんだん面倒になってきて、ミキサーにかけました。

そして、なんとなくみかんも入れたら、どうなるかなと、みかんも一緒にミキサーにかけました。

ゆずは、半分に切り種をとって、適当な大きさに切って、みかんも皮ごと適当な大きさに切りました。

そして、ゆずとみかんと砂糖を入れミキサーに!!

ゆず+みかん茶の完成です。

以前、ゆず茶を作った時は、皮と実をわけ、皮は何回か茹でて、苦味をとってと……したのですが、

ゆずを煮詰めず作る方法を見つけたので、その方法で作りました。

ゆずもみかんも農薬を使ってないもので作りました。

お湯を入れた状態で~す。

味は以外と美味しかったです。

ゆずだけでは、酸味がきついのが、みかんを入れることで、砂糖の量も減らせました。o(^▽^)o

次回はみかんだけで、作ってみたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

余った、たたきごぼうを唐揚げに

20110106

お正月から、もう6日もたちました。

明日から、子供達は学校です。

たたきごぼうがあったので、唐揚げにしました♪

かたくり粉をまぶして、フライパンに大さじ1ぐらいの油で、揚げ焼きにします。

中は火が通っているので、揚げ色が付いたら、出来上がりです。

ほんのり酸味があって、ポリポリと食べれて、ついつい、つまんでしまう美味しさでした。

20110106_2

こちらは、去年の大掃除に出てきた、下の息子のとって~も、短いえんぴつ。

引き出しから、ポロポロ出てきました。

いったいどうやって削ったんでしょう……

可愛くて、捨てるに捨てれませんでした……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

里芋と豚ミンチのそぼろ煮

20101210

里芋と豚ミンチのそぼろ煮を作りました♪

豚ミンチを炒め火が通ったら、里芋を入れ、ダシを入れ煮ます。

里芋が柔らかくなったら、しょうゆを入れ味を整えます。

とっても簡単ですが、今回は子供達にとっても大好評でした

しみじみ、ホッとする味でした~

天気予報を見ていると、明日からは寒くなるようです。

そんな寒い季節におススメなのが、

20101210_2

酒風呂です。体の芯から温まりますよ。

肌の弱い人には、干葉(大根の葉)を干したものなども体を温めます。

お酒が飲めない方でも大丈夫!!

酒風呂の入り方などは、この本に載っています。

興味のある方は、読んでみて下さい。

冷え症で、寝るのに時間がかかってしまう、くつ下をはいて寝る、なんて方には必見です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

中国五千年の、思考法と健康術とは?

20101031

自分の将来や、健康に不安や悩みを持っていたら、ぜひ読んでほしいです。

    タオのひけつ 

日本道観 道長 早島妙瑞先生が書かれた書籍です。

例えば肩がこる これだけでもかなりのストレスだし、この先の不安にも繋がりますよね。

肩がこるから、ストレスや不安になるのか??

ストレスや不安があるから肩がこるのか??

心を元気にしたいのか、体を元気にしたいのか、それに気づくと、

心と体が繋がっていること、そして両方が元気であることの大切さがわかると思います。

他にも、いろんなことが、やさしく、分かりやすく書かれています。

中国五千年の健康法なんて、興味ありませんか? 

日本ならず、世界中で毎年ありとあらゆる健康法が出ていますが、出ては消えしていますよね。

それが、中国五千年も続く健康法があり、実は、日本にも飛鳥時代や、奈良時代に入ってきているんですよ

また、少しづつ紹介したいです。本当におススメの本です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

かぼちゃのコロッケ?

20101022

下の息子の大好きな、かぼちゃのコロッケ?

蒸したかぼちゃをマッシュして、かたくり粉と牛乳を入れて混ぜて油で揚げます。

これは、以前にかぼちゃの煮物が余った時に、作ったのですが下の息子に大好評だったので、今度は普通に蒸しただけのかぼちゃで作りました。

出来上がったら、塩を少しかけて食べます。

普通のコロッケみたいに、玉ねぎを入れたり、パン粉をつけたりと手間がないので、いつでも簡単に作れます。

さつま芋も美味しいそう……今度作ってみよっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

ナスのカツレツ風焼き

20101018

カツレツのように、少ない油でナスを焼きました。

ナスを適当な大きさにカットして、あく抜きをします。

そこに、ミキサーにかけて、細かくしたパン粉に粉チーズを混ぜて、さっと塩コショウしたナスにまぶします。

後は、油をひいたフライパンでゆっくり焼いていきます。

外はカリッ、中はジューシーで、美味しかったです。

子供達にも、まあまあ好評でした。

パン粉と粉チーズがまだ余っているので、他に何が合うのか試してみたいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

秋の味覚 さつま芋と栗のミルク煮 

20101010

秋の味覚の代表?の2つさつま芋と栗を牛乳で煮ました。

始めは水で茹でで、ちょっと柔らかくなってきたら、牛乳と砂糖を少し入れて、弱火でゆっくり煮ていきます。

柔らかくなったら、水分を飛ばして仕上げにメープルシロップをかけて出来上がりです。

さつま芋と栗のホクホクした感じが、とっても美味しかったです。

ここ数年は毎年、この季節になると栗ご飯を作っています。栗を剥くのが、どうも面倒だなあ~と思いながらも、子供達の「美味しい」を聞くとまた作ろうかなと思ってしまいます。

「美味しい♪」のひと言って、なんかすごいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

へちまと豚肉の味噌炒め

20101004

毎週届く野菜セットにへちまが入っていたので、初のヘチマ料理を作りました。

皮をむいて、ぶつ切りにして、塩コショウして豚肉と炒めます。

フライパンにヘチマを並べまんべんなく、火を通して後はちょっと水でのばした砂糖、みそとあわすだけです。

とっても簡単♪味はお兄ちゃんは美味しい、下の息子はヘチマと言っただけで、食べようとせず、私は青臭さがちょっと気になりました。

でも、青臭いのと、そうでないのがあったので、炒め方の問題かも…

ところで……

季節が急に秋になって、体調を崩してしまったりしてませんか?

そんな時、おススメなのが日本道観の導引術。

導引術は呼吸法と体の動きを組み合わせた健康法です。

毎日朝晩、導引術をすると、体がスッキリ整いますよ!!

昨日の疲れを今日に残さない。

これが何よりありがたいな~と40歳を過ぎてますます実感しています。

201010042_2

興味のある方は、書籍もたくさんありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

とり胸肉のごまだれ和え

20100925_2

茹でた、鶏胸肉とごまだれを和えて作りました。

ごまだれは、練りゴマと醤油と豆板醤、砂糖とにんにく(すりおろし)を、適当に合わせたら、なぜかいい感じに美味しくなりました。

レタスときゅうりを千切りにします。これなら下の息子がレタスを食べます。

ビックリするぐらい、急に涼しくなって、それまでは布団をけっていた子供達が今朝はスッポリ布団にくるまって寝ていたので、その姿が可愛いく、おもしろいもんだな~と感心してしまいました。

子供の寝顔は、本当に可愛いです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ズッキーニの胡麻和え